日野百草本舗
日野製薬公式サイト
メールはこちらから
トップページ 買い物かご 注文紹介 注文紹介 注文紹介 商品一覧


おさがしの商品は?
検索

お支払い・配送について


百草丸の配合生薬
百草丸プラスの配合生薬
普導丸の配合生薬
よくある質問
伝承薬と健康
百草・百草丸の歴史


日野ブログ


直営店の紹介

生薬のすすめ
生薬って何? 百草丸の正しい飲み方は? 生薬に副作用はあるの? 生薬にはどんなものがあるの?

生薬って何?

生薬(しょうやく)の定義

生薬の定義は「植物・動物・鉱物などを、そのまま、あるいは性質を変えない程度に切断・破砕・乾燥などの簡単な加工・調製をして、薬用に供するもの」とされています。

生薬には主に植物生薬と動物生薬があり、その大部分は植物生薬(約90%が草根木皮・種子・果実などの植物性のもので、残りの10%が動物性や鉱物性のものと言われている)で、材料になる植物は薬用植物と呼ばれます。

民間薬と漢方薬

民間薬とは古くから経験的に効きめがあるとされ、民間で使われてきた薬で、世界各地の民族に固有のものがあります。民間薬の多くは生薬を単品で用いますが、何種類か組み合わせて丸剤等にして使われるものもあります。働きは穏やかですが、どなたでも手軽に服用することができるという利点があります。

漢方薬とは中国で生まれた漢方医療に使われる処方薬のことで、ひとりひとりの体質・状態などによって決まる「証」に合わせて、生薬を何種類か組み合わせて作られるものです。証に合えば体になじみやすいのですが、その反面、証を見極めることが難しく、合わないものを服用した場合、効き目がない、副作用が出るといった場合もあります。


※証……患者さんの自覚症状や体の表面で観察できる様々な特徴を漢方的なものさしで整理した、投薬や治療の重要な指針となる使用基準のこと。

 
 
 
イメージ
 


会社概要 医薬品販売における表記

Copyright © 日野百草本舗 All Rights Reserved.